運転手の派遣仕事探しで注意するべきポイントは?

運転手の派遣仕事探しで注意するべきポイントは?

万が一の場合の補償はどうなっているのかを確認しよう

運転手の仕事をする場合、最も注意しなければいけないのが、事故です。事故をおこなさないように運転するのは当然です。しかし、どんなに注意をしていても相手から追突されてしまうことがあります。
会社員として仕事をしている場合なら、会社が加入をしている保険を使用してもらえますが、派遣の場合は、必ずしも保険を使用できるわけではありません。会社によって、派遣社員が起こした事故は、派遣会社が補償をしなければいけない場合があります。
派遣会社がしっかりと補償してくれるのなら良いですが、中には事故を起こした人が補償をしなければいけない場合があります。そうなると、状況次第で多額の借金を作ってしまうことになるため、派遣として働く前に補償がどうなっているかを確かめましょう。

法律違反の仕事になっていないかどうかの確認を

運転手の派遣仕事でもう一つ注意しなければいけないのが、法律に関することです。派遣には適用除外業務というのがあります。適用除外業務は、港湾運送業務、建設業務、警備業務、医療業務、士業があります。
運転手の仕事は特に問題ないのではと感じてしまうかもしれませんが、業務内容によって適用除外業務に該当するケースがあり、注意が必要です。特に該当しやすいのが、港湾運送業務と建設業務です。港湾地域内の貨物運送は派遣禁止とされていて、建設業務内の貨物運送も禁止されています。
派遣会社の中には、これら適用除外業務へ派遣しているところも存在していますので、応募する前にその仕事は大丈夫かどうかを確認しましょう。

運転手の仕事と言っても、色々ありますが。観光客相手の運転手の仕事だと、時期によって変動があります。運転手の派遣は、会社にとっても都合が良いです。